主に小説の更新を中心に、日々の事やゲームの事を綴っています。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

ROキャラクター紹介

2009-05-22 Fri 04:15
というわけでROキャラクター紹介です。
自作の小説の元ネタとなったキャラも一部存在します。
裏設定も含めていろいろ暴露してしまうので
「うわっ、厨ニ病くせーwwww」
とおもいながら楽しむがよいのですよやろうどもー。

堕ちた黒衣の聖女:悠香璃/age:(アコ)12→(プリ)18→(ハイプリ)21
キャラ紹介用:悠香璃
ご存知私のメインキャラにして6年という長き付き合いのある娘。
小説『イグドラシルの継承者』現代編に登場するユカリのモデル。
ただし平行する別世界の存在であるため出生等は大きく異なる。

山岳都市の狩人の家系の長女として生まれる。
家系を継ぐことを嫌がり9歳のときに家出、そのままのたれ死ぬ寸前のところでプロンテラ近郊にてプリーストに拾われる。
その後教会の雑用として過ごすがまもなくアコライトとしての素質を見出す。
その後、12歳にしてアコライトとして教会に属す。
6年の修行を経て18歳と異例の若さでプリースト転職試験に合格。
その後冒険者として過ごすがあるときひよんなことから禁術に触れてしまう。
そのことで教会からプリーストの地位を剥奪される、しかしプリーストの能力まで失うことがなかったため、そのまま冒険者として研鑽を積む。
数年後首都での大規模テロ発生の際鎮圧に尽力(なかば乗りかかった船で)し、国王から転生の許可をもらう、このとき教会の復帰もできたがそれを断り冒険者としての道を歩む。
もともと支援者であったものの、自身の力のなさに気づいていたため転生後、アコライト時代から浄化技術について知識を深め、ハイプリーストとして認められたのち広域型退魔結界(マグヌスエクソシズム)を習得する。
魔力(SP)面においてかなりの力を持つが、ややもてあまし気味。
現在その魔力を使い果たすほどの場面には遭遇していないらしい。


蒼穹の狩人:フローラ・ムーン/age:(アチャ)11→(ハンタ)18
キャラ紹介用:フローラ・ムーン
山岳都市の狩人の家系の次女として生まれる。悠香璃の妹。
本来家系を継ぐはずだった長女が家出をしたため結果として家を継ぐことになった。
幼いときから動物の気持ちを感じ取ることができたためか、アーチャー時代から鷹を従えていた。
鷹の名前はルナ、名づけの親は悠香璃。
家系云々の話の前から弓使いを目指していたものの、姉とはやや険悪な様子。
というのも、姉が家出をしてから面倒ごとの大半を押し付けられたから。
11歳のときに正式にアーチャーとしてフェイヨンの弓手ギルドに登録される、そのごわずか5年でハンターとしての転職試験を高得点で突破する。
フェイヨンを拠点として活動していたがひよんなことから行き倒れた冒険者にかかわってから世界を見てみたくなり兼業冒険者として世界を飛び回ることに。
あるときアルデバランで曰く「バカ姉」である悠香璃と再開し、それ以来連絡を取り続けている。
なんだかんだ言って姉のことを嫌いきれていない様子。
愛用のうさみみヘアバンドは姉からの祝い品。
現在はプロンテラを中心に活動中。


宵闇の閃刃:ティナ・ベリーズ/age:(シーフ)14→(ローグ)18
キャラ紹介用:ティナ・ベリーズ
山岳都市の狩人の家系の三女として生まれる。悠香璃・フローラの妹。
姉であるフローラが家を継いだため特に縛られることもなくのんびりとすごす。
のんびりやでややトロいのだが手先だけが器用だった。
一度は騎士を目指すものの挫折し、ひよんなことからシーフギルドの友人を持つことになる。
そのまま家に戻ることもないままシーフギルドに世話になり気づけばシーフとして腕を磨くことに・・・。
その後4年という二人の姉をしのぐ勢いでローグへの転職試験に合格する。
攻撃と同時に相手の所持品を奪い取るスナッチャー技術に卓越し、魔物から奪われた物品を逆に奪い返すという義賊的な活動を行うようになる。
姉二人に対して劣等感を抱いている。
みみあてはシーフ時代の友人からプレゼントされたものだが、その友人はすでに魔物の手にかかり死亡、形見として持ち歩いている。


銀符の占い師:リーシア/agi:(アチャ)12→(ダンサ)17→(ジプシ)20
キャラ紹介用:リーシア
私の二人目の転生キャラにしてハイプリと双璧をなすほどお気に入りの娘。
だがレベルは79でとまっている。
小説『イグドラシルの継承者』過去編に登場するリーシア・ディッセンブルグのモデルその1。
その2もいるけどこちらは友達のキャラなので割愛。

実は裏設定かちょっとえっちぃ。
アチャ時代に行き倒れてプロンテラの娼館に拾われダンサーに・・・(ry
その後摘発されて冒険者に戻りダンサーでありながら弓に依存した戦いをする。
悠香璃と出会ったのはこのころで、プロンテラ大規模テロの折に悠香璃と一緒に転生許可をもらう。
一度は失敗した人生をやり直せるのならと転生に挑みジプシーとして冒険者を続けることに。
悠香璃とともに活動していた折の知識から、対聖魔について詳しい。
今でこそ弓を使っては居ないもののその腕は衰えていないとか。
技術面、特に矢の扱いに長けておりその命中精度はきわめて高い。
趣味は鞭の収集と昼寝。


知識と魔力の賢者:蒼月雪歌/age:(マジ)14→(セージ)16→(教授)18

蒼月雪歌
最近主に活動中のキャラ。
某ROアンソロ作家の教授スキーやニコニコ動画の野牛の人に多大に影響を受けた娘。
小説『イグドラシルの継承者』現代編に登場し、多重詠唱というスキル(もともとはFCASと組み合わせた多重詠唱をネタとしたもの)を使う知識と魔力の信奉者。

孤児であり、キルハイル学院に預けられたシュバルツバルト共和国育ち。
キルハイル学院やシュバルツバルト共和国の内情に詳しく、生来は冒険者というよりも研究者寄りだったが、悠香璃との出会いをきっかけに冒険者としての生計を立てていく。
仲間と活動をする場合基本的に補助的な立ち回りをするが必要とあれば一転、攻撃的になる。
特に水を主体としたスキルを中心に使う。
魔法の効かない敵であれば局所的に霧を発生させての近接戦闘も行う。

キャラクター的にはクール系なのだがプレイヤー的にどっか抜けてそう。
ちなみに現行年齢は24であり悠香璃とタメ。
魔法一辺倒の堅物かと思いきや短剣の扱いと身のこなしは並以上。
趣味は短剣と魔書の収集。
特に短剣は露店で安く見つけるといそいそと買い付けては過剰精錬するクセがある。

雑貨店偽月亭店主:ティア・falsemoon/age:(まーちゃん)14→(ケミ)19
キャラ紹介用:偽月のティア
小説未登場のキャラクター、今後登場予定。
悠香璃はティアの店の常連だったりする。
品揃えは露店代行も含めて多少手に入りづらい消耗品(コンバーター等)を中心に、代行として中規模レアやカードなどを取り揃える。
価格としては相場かやや安めに出品されるため良心的。
プロンテラ大規模テロの際、店のブルージェムストーンを根こそぎ悠香璃が持っていったのが最初の出会い。
そのときの代金はツケになっているらしいが、ティアとしても別にいらないと思っている。
ただそれを理由に頻繁に悠香璃と連絡を取るようになっている。
悠香璃としてもそれを好んでいるのか毎回のように
「ところであのときのツケは?」「ツケといて」というやり取りが繰り返される。
ちなみに実は戦闘系アルケミストであり製薬は妹がやっているらしい。
しかしそこは姉の威厳か成功率は変わらないとか・・・
また、自分でも商品調達に行く行動派。
商品の仕入れ希望は受け付けているらしいがいまだに希望が来たことはないらしい・・・


スポンサーサイト
別窓 | RagnarokOnline | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

<<ホルグレンからの上位二次転職祝い | 蒼月雪歌の活動録 | ようやくセージ育成終了~そして振袖へ~>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL


FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 蒼月雪歌の活動録 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。