主に小説の更新を中心に、日々の事やゲームの事を綴っています。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

ハイドの弱点はやはり音

2007-07-19 Thu 01:09
どうも、ゆかりんですー。
いまさっきシディット水域でネツ側参戦してまいりました。
前線にはあんまりでないで裏方メインなんですがね。
やる人がいないと裏オベうまらないことおおいんで。
オベ3本ぐらい立てて(しょっちゅうなんで称号がしょっちゅうオベマスターになる)キプ前に戻ると阿鼻叫喚。門こわれそうですー。

門の耐久1/5ぐらいしかなくて、パニ2回でも壊されそうな状態。
さてさて、此処からが私の活躍ですよ(自画自賛)
水辺MAPということもあり、門を殴るために水辺から上がらなければなりません。バシャン、という水音。
私はコレを聞き分けます。水音と僅かにズれて着地音がしたらそれはもう陸地に上がった合図。
すかさず門の周りをハイドサーチして、見つけた瞬間ヴァイパーで飛びます。
門に向かって歩いてくるハイドなわけですから、必中ですね。
そこからすかさずレグブレ!
そして即アムブレ!
こうして門のダメージをある程度抑えておったわけですが。5分ほどかな?で壊されました。
その間に短スカが4~5人デッドしてましたがね。
私が居なかったら門すぐに壊れてたかなー。と思うと、ニマニマ笑いがとまりませんわぁ。
しかしあれですね、ハイドさんみんな面白いぐらい同じ方向からきますね。みんな同じ位置でヴァイパーくらってるかんじです。
やりやすくてよかったけどね。
中には2~3回キプ前に来た人も・・・。
同じルートなんて警戒されてるんだから他のルート選べば?と言いたくもなりますな。
最後まで守りきれればかっこよかったんですがねー、まぁ充分スコア以上の仕事はしたかな。と思えた一瞬でした。

しかしまぁ、つくづく思いました、攻め込むよりも守る行動のほうが好きだなぁ。と。
スポンサーサイト
別窓 | FantasyEarthZero | コメント:5 | トラックバック:0 | top↑

やはり視点が違う

2007-07-16 Mon 12:01
最初に言っておきます。
視点が違う、意見が違うのは大切なことです。
一辺倒の考え方になりにくいですから。
一つの問題を考えるのに三人寄らば文殊の知恵とはよく言ったことなのです。相手がちゃんと話し合いの出来て、お互いの意見を飲み込んだ上でさらに昇華させることが出来れば、という前提はつきますが。

さてさて、昨日の夜にカセドリアの戦場の問題についてちょっとカセ湯で話してきました。
カセ湯とゆーのは初心者支援を目的とした場所なので場所といえば不適切なのかもしれませんが、初心者来たらやめたからよしとします。

前線で仲間からの支援がないのが問題だ、と主張する私に対して
前に出る人がいないから援護がほしいとき左右に人が居ない、援護したくても出来ない。
というご意見。

そしてそこから「卵が先か鶏が先か」な展開に
余談ですが、卵が先か鶏が先か、というのは。いきなり鶏が生まれたわけではなく、鳥類は始祖鳥から進化して現在に至るわけですが、さて鶏の卵が出来たのが先か、鶏が出来たのが先か。という議論となり、堂々巡りで終わらなくなることを指します。
卵がなければ鶏は生まれてこないが、鶏がいなければ卵は産めない。という堂々巡りなわけです。タイムパラドックスに似ていますね。置いといて。

やはり視点が違うと戦場の見方も違って気付く問題点も違うんだろうなぁ、とつくづく思いました。
そして話し合いの内容を見れば、この二つは似ているようで別の問題を孕んでいるのではないか、とも思います。
結局のところ現状のカセの前線には問題点、課題が山積みなのではないか、というのは全員同意となりました。

前に出る人が居ない=前に出る人が突出する形になる=援護できない
なのか
援護がない=前に出ると死ぬ=前に出なくなる=前に出る人が孤立
なのか
ぶっちゃけ両方ですね。

この事例のどちらにせよ言えるのは援護がなくなり、さらに前に出づらくなるという事実です。この悪循環はどこかで断ち切らない限り延々と続きます。

そしてこういう側面を解消しうるのが、PTの普及、部隊戦争の普及だと思います。
事前に部隊で話し合っておけば行動の指針はある程度まとまります。もちろん部隊の人のみで戦争なんてことはありませんから一般の人も前線に出ます。
部隊やPTで味方の援護や、追撃を意識するようにします。
その結果、味方からの援護が期待できます。結果として前に出やすい戦場になります。(てかなってください)
そしてそういった戦争の回数が増えれば自然と前に出る人が増えてくると思われます。
もちろん理想論ですが、こういった良い連鎖を生まない限り強国として生まれ変わることは出来ないでしょう。

たとえ前線でスタンしたとしても後ろから味方の援護が来て生還できる。そういうことが何度も何度もおきるようになれば、自然と前に出られるようになると思います。

というか、私がそうなんです。
カセの戦争をやっていたとき、前に出すぎると死ぬ(実際にしにまくる)スタン、ルートは即死フラグでした。
ネツで戦争に参加してみると、LV20ぐらいでスタンしてもルートしても、後ろからクランブルが飛んでくる、ピアが飛んでくる、カレスが飛んでくる。
結果としてウォリに殴り殺される、というのが激減しました。
(ルートなんてウォリから被弾なしでランス解凍が関の山、しょっちゅう弓で解凍される始末)
すごく後ろを信頼できて、前に踏み出しやすかったんです。
カセにもこうあってもらいたいです。

味方を助けることがどれだけ自分たちにとってプラスになるのか、コレを煮詰めてまとめて普及させていければな、と思います。
別窓 | FantasyEarthZero | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑

レベルあがりません

2007-07-14 Sat 22:17
さてさて、いい加減前線構築等の検証を始めたいんですが、ネツキャラのレベルが一向にあがりません。
ちなみに部隊ポイントは300になりました。
ネツのほうはなぜか1勝するとリングが6~7もらえます。
カセのほうだと多くて5個ぐらいなんですけどね。
トータルスコアの所為でしょうか?

そしてネツキャラはいま28LV
あと1LVあがればトゥルー3LVになってようやく前線稼動必要スキルがそろいます。
弓がオノエル予定なんで30LVにならないと始まらず、カセの一番レベル低いスカウトは31LVなので、31LVになってからが検証開始・・・。
経験値1.5倍きてほしかったです・・・。
そしたら50%本2冊ぐらい買ってやったのにU・x・U

さて、検証が近いということで、どういった部分に着目して検証を行うのか決めなくてはいけません。
体感は重要かもしれませんが、もっと重要なのは実際に数値として表せる部分だと思います(比較もしやすく実際に納得してもらいやすいです)
具体的には・・・
キル数(敵の確殺率)
デッド数(味方の救助率)
与ダメ合計(キル数と連動させて調査)
クリ堀数(裏方活動率)
この辺がネツカセでどの程度違うのか、を見て生きたいと思います。
また、前線に出てこういう行動はダメだろう。というものを見つけてピックアップしていきたいと思います。

はっきり言って、カセ民にとっては見るのがイヤになるブログになるかもしれません。
しかしまぁ、改善点をピックアップしていくということは、悪いところを洗い出すことなので仕方ないと思っております。
コレはカセ民だからちょっと私見が混ざっているかもしれませんが、カセの歩兵の煉度はそれほど低くない、とおもっております。
しかし最近、上下差(煉度の高い人と低い人の隔たり)が激しくなってきているのも事実だと思います。
カセの講習会の頻度が減っているのもその原因の一旦だと思います。
逆に、最近訓練場を使って歩兵の煉度を上げようという試みは多く行われている様子です。
これはどちらか片方だけでは高い効果は望めません。
理想としては

講習会→実践訓練(訓練場)→反省会

といった流れで行えれば最適だと思います。
時間的にそこまで融通が利かないのが問題なんです。
ちょうど今年の3月頃のように、そこらじゅうで講習会が開かれているような状況はきっと理想に近かったと思います。

さて、他にこういった側面を検証してほしい。
という意見があれば遠慮なくお気軽にコメントにどうぞ。
考慮、検討のうえ項目に付け足すなどさせていただきます。
結局のところあれなんですよ。一人の視点だけ、というのはどうしても偏りが出てきてしまうんです。なので気が向いた方はぜひご意見感想をどうぞ。
別窓 | FantasyEarthZero | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

FEZ公式SNSができたってさ

2007-07-13 Fri 06:33
のっけから結論言わせてもらうならですね
こういうブログ作る前にさっさとつくっとけばか。

わざわざFC2ブログ作ったのにSNSで充分ことたりるじゃねぇかばかやろー。
てなわけで早くもこっち更新する気力がうせつつあります。
てーかマジどうしようね、SNSのほうがざかざかざーっと殴り書きしやすいんですが。
画像UPとか楽だし。

しかしまぁ、こっちのほうも一応あれだ、SNSに登録してあるわけですよ。つまり、こっちはこっちで更新するべきなんだろうなー、とか。

いやまぁ、ネツカセの前線考察とかはこっちで続けるのがいいんでしょうね。
SNSにも乗せるんだろうが。
いったいどういう風に記事を書き分ければいいのかで余計な悩み増やされた気分です。
まったく困ったもんだU・x・U

まぁ、SNSは登録だけしておいてブログみにこいーってやるのも手なんでしょうけど、手軽さがいかんせんSNSのほうが上すぎる。
やはり外部の人も見れるということでブログのほうはFEZの面白さを見せるほうがいいんだろうが・・・・・・・。
ナニが面白いかなんて人の好みそれぞれだもんなぁ・・・。
ていうか。

個人的な日記ブログ(悠香璃さん散策日記)
FEZのニュースブログ(メルファリアニュース)
そしてここ。
そしてFEZ公式SNS。

いやもう、手がまわらねーですわ。
統一でも考えたほうがいいかぁねー?
別窓 | たわいもないにっき | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

FANTASY EARTH ZEROプレイヤーに100の質問

2007-07-09 Mon 04:18
さて、こんなもの見つけたのでやってみました。
というか長いですよ先生。

というわけで追記に書いてあります。
興味がある方はどうぞ。

ちなみに元ネタはこちらです。
http://sakcircuit.web.fc2.com/


FANTASY EARTH ZEROプレイヤーに100の質問の続きを読む
別窓 | FantasyEarthZero | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

カセドリアの、此処が悪い

2007-07-08 Sun 05:16
タイトルからして否定的ですいません。
ゆかりさんですこんばんわ。

ぇー、まぁ・・・何がいいたいかと申しますと。
D鯖カセドリアの戦争での悪い点をつらつらと指摘しようというコーナーです。
カセドリア側で参戦したときはもちろんなのですが、敵国。
特に隣国であるネツァワル・ゲブランド視点から見た場合。

いったいカセドリアはどういう風にうつっているのだろう。
そう思ったのがこういった記事を書くきっかけです。
というのも、カセで参加すると、いつも敵国の弾幕の厚さに一番苦戦するわけです。
次に、スタンした敵への攻撃に苦戦するわけです。

そういったわけで最近ネツのキャラ、八雲藍・橙にてカセドリアとの戦争に積極的に参加。前線の様子を伺ってきました。
そうした上で結論付けた問題点がとりあえず三つあります。


1.歩兵を突きまわすナイトが多い
 ぶっちゃけ、一部のけぞりのある歩兵からすると邪魔なんですが、その分味方召還が余裕で動き回ることになります。
 特に、前線が二つある場合、片方の前線にナイトの需要がないならもう一つの前線に行くべきであり、歩兵を無駄に小突き回しているだけではたいした意味はありません。敵クリがすべて枯渇しているというのならまだしも、敵召還が出ている状態でやるのは得策ではありません。特に、味方のレイスの護衛をほったらかして歩兵をつっつきまわしている人を最近見かけます。ばっさり切り捨てます。論外。

2.弾幕が薄い
 他国に比べて圧倒的に弾幕が薄いです。コレによりスカウト、ソーサラーの動きやすく、またウォリの消耗度が他国に比べて軽いです。
 レイン弾幕はウォリ相手に撃つものじゃないだろ?と思う方もいるかもしれません。
 しかし、レイン1発あたれば両手なら50ぐらいのHPは減るんです。 単発としてはたいしたダメージではありませんが、前線で絶え間なく降り続けるとなれば話は違います。ゲブランドなどがコレにあたります。
 他国のレイン弾幕にくらべ、非常に薄い弾幕は抜けやすく、ハイドスカウトが進入しやすいです。さらにウォリは直撃被弾以外での消耗が少ないため前線に長く居られます。
このため前線崩壊はさらに加速する結果を生みます。
また、レインを撃っているスカさんはそれなりにいるのは確認済みなのですが、どれも着弾点がばらばら過ぎるため、弾幕としては意味を成していません。今後の課題の一つといえるでしょう。

3.援護がない
 味方への援護といったものが極めて少なく、スタンドプレイが目立ちます。
 スタン、凍結した味方を守るように動くよりも、よってきた敵にダメージを入れるほうを重視する。そういった行動が非常に目立ちます。
 他国であれば凍結した味方ウォリに対してウォリ二人がクランブルで守りに入る、といったようなこともあります。そうするとそこに自然と前線が形成され、後続が集まる。といった具合に全体の流れとして援護から迎撃追撃に派生する流れができている国はやはり強い勢力を維持しています。ネツァワルなどがコレにあたります。
味方ウォリ一人助けるより、よってきた敵に大打撃を与えるほうがいいんじゃないの?と思う人が居るかもしれませんが、カセはもともとウォリの少ない国家です。
前線でウォリが一人減ればそれだけ戦線維持が困難になるのです。
敵への倒しきれない大ダメージよりも、味方生存を意識したほうが戦線維持に良い結果が出ることはほぼ確実でしょう。

コレは余談で、まだ細かく確認していませんが、無駄にハイドしているスカも多いようです。

まだネツキャラ始動して大して立っていないのですが、とりあえずコレだけ例が挙がってしまいます。
最近のカセが伸び悩んでいる理由だといえるでしょう。
カセが勝率50%を超える強国になるには、課題がまだまだ山積みである。ということの証拠だと思います。

がんばれカセドリアヾ(`Д´)ツ
別窓 | FantasyEarthZero | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

久しぶりにキルランクIN

2007-07-07 Sat 04:47
というわけでこんにちゎごきげんやう。ゆかりんです。
さてさて、昨日はネツキャラ晒したので、今日はカセのメインキャラを晒して見ます。
装備はラコタセット+パピーイヤー。
運営さっさと猫耳修正しる。ってかんじです。

ちなみに、個人的に設定ちこちこかいてありまして。
現在24歳、12歳から戦場に出ていたという裏設定あり。
通り名、春雪。
とまぁ、はいはい脳内妄想脳内妄想。というかんじですがね。

20070707043823.jpg


実際のところ成績はそんな良くないわけでして・・・
与ダメ10k超えるのも稀です。

スキル構成は悩みに悩んだ末よくあるようなこんな形になりました。
http://feskill.omiki.com/FE_sco.html?00I3L2L03K#5ACEKJDI
アローレイン切り捨てたんですが、まぁ・・・カセはもともと弾幕すくなくて一人で弾幕はってもむなしいだけだったので後悔してません。
はっきり言って敵の弾幕の多さに悩むことがあっても味方の弾幕の多さを体感したことがないのですU・x・Uウサウサ

とゆーわけで、アロレ持ちだったんですが切り捨てました。

今日一番良かった成績がこちら

20070707043836.jpg


ええ、調子が良くてこの程度なんですU・x・U
パニに慣れればもう少しキルは取れるようになる気がしますが・・・
正直ブレイクメインで15k前後安定して出せるようになりたいところですね。
ちなみに普段キルこんなとれません。
たいていレグブレガドブレかけて後は味方に任せて離脱してます。
死亡フラグを立てるのはスカウトの本領発揮だとおもっているのですがいかがなものでしょう?
殺せない相手でも孤立してて味方がそばにいればパニ→レグー!
そこに両手がストスマで突っ込んでァーとか聞こえたときにはもう。
お前はすでに死んでいた!とか言いたくなります。言いませんけど。

ではこの辺で。
別窓 | FantasyEarthZero | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

2007-07-06 Fri 06:12
20070706051820.jpg


とりあえず、ネツ所属のキャラをさらしてみる・x・
別窓 | たわいもないにっき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

とりあえず自己紹介

2007-07-06 Fri 05:26
とりあえず自己紹介。
最近一番プレイ時間の長いFEZからいってみよー。

Dサーバー、カセドリア・ネツァワル・ゲブランドに所属。
その日の気分でIN。
メインはカセのはずなんだけども、最近ネツの別荘に移住中。

カセドリア所属
レイリア・スノウ スカウト
リーシア・スノウ ソーサラー
シリア・スノウ  ウォリアー
☆EXルーミア★ スカウト

ネツァワル所属
八雲藍・橙 スカウト

ゲブランド所属
リゼリア・スノウ スカウト


見ればわかるとおりスカウト4キャラ。
どんだけスカすきなんだっつー。
まぁ、器用貧乏で使いづらい子が好きですU・x・Uウサウサ

カセドリア所属部隊 【になえ!】部隊員
ネツァワル所属部隊 【マヨヒガへようこそ!】部隊長
ゲブランド所属部隊 なし
最近は活動がほとんど純短で動いてますが、一応元純弓です。
スキル構成とかはそのうちU・x・Uウサウサ
別窓 | 自己紹介 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑

| 蒼月雪歌の活動録 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。