主に小説の更新を中心に、日々の事やゲームの事を綴っています。
スポンサーサイト

-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑

スランプに塗れる日々

2012-10-09 Tue 00:23
スランプまみれで何も出来ない気力もない、そんな状態です。

小説書けません、文章書けません、筆がノリません、感覚がわかりません、私は今までどうやって文章を欠いていたのでしょうか?

そんなレベル。

最近絵も描いていたわけですが、こちらも煮詰まりました。

線が納得できません、表情が歪みます、輪郭がおかしいです、体型が落ち着きません、何もかも気に入りません。

どうなってやがるんでしょうか?

スランプが成長の兆しだとかいうのなら、さっさと落ち着いてくれやがって欲しいんですが文章にいたっては個々一ヶ月ぐらいの重症状態です。
絵はまだ一週間ぐらいでしょうか?

どっちもどっちで壊滅気味です。


何かしら顕著になったのが一週間ぐらい前からなので、何かしら気を逸らすものがあったほうがいいことは間違いないようです。


スランプ、というのがそもそもとして、言い訳であるのか、事実であるのか。
これは非常に難しい問題だと思います。

今までできていたことが出来ないと言い訳をしていると捉える人も居るでしょう。
けれど私はそこには違和感を感じるだけの何かがあると思っています。

そうでなければ説明がつきませんから。

周りの人からすれば、今までどおりと見えるのだと思います。
だからこそ、言い訳だという言い分も出てくるのでしょう。

けれど、当人がそれで満足出来ないというのは、何かしら本人の意識や思考、それだけが一つ上の段階にシフトしてしまったのではないかと思うのです。
つまるところ、脳の回路が上位に置き換わったのに対して、技術の変化がないから違和感を感じてしまうのではないかと……。

何が言いたいかと言いますと、今まで自分の脳回路のレベルに応じた技術があったにもかかわらず、それが上の段階にシフトしたことにより、技術レベルが一致しないなど、誤差が生じたことで違和感を感じているのではないかと思うのです。

上達の兆しと言われるのはこの部分に由来するのではないかと。

表現を変えるなら、キャパシティの増加といったほうがいいかもしれません。
それまでは100%詰まった状態だったのに、そのキャパシティが増えて、80%程度になってしまった、その結果バランスを崩しているとか……。

スランプの解消法は人それぞれあるのでしょうが、私が軽く聞いてみた限りでは……

・いいわけだからととにかく頑張る
・一度そのことから完全に離れる

と、二種類にわかれました。(いや、やるかやらないかだから結局二種類になるんでしょうが)

両者の表現を私なりに解釈するならですが。

・とにかく頑張る派
こちらは、キャパシティ増加型で、100%になるまで積み込む形なのだと思います。
そうして増えた技術や能力で更に創作するものを上位互換する。
社会はこうした形を許容しているような気がします。特に会社では。
休む時間なんてもらえませんから……。

対して

・一度そのことから完全に離れる派
こちらは、新しい技能を詰め込んだ結果、溢れてしまって水面が荒れている状態なのではないかと考えます。
荒れている水面を落ち着けるために、一旦それから離れて放置する。
やがて水面が落ち着いて、元の状態に戻るまで待つことで復旧するパターンではないかと。
こちらはどちらかと言えば創作者、作家や絵師など、少し仕事に感覚が開いても問題ない人に許容されやすいのではないかと思います。
もちろん、締め切りは厳然として存在するものでしょうが……。


私は前者を、「キャパシティ・技術幅増加型」と名付け、後者を「技術洗練型」と名付けたいと思います。

自分がどっちなのかまるで想像がつかないんですけどね?

この考察意味あるんでしょうか?
自分でもわかりません……。





スポンサーサイト
別窓 | たわいもないにっき | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑

ニコニコ動画にて新作Upしました!(注:Upしたのは4日前)

2012-09-09 Sun 09:33
明日はなにをしよう? という無目的動画も無目的なままにMOD紹介したりしながら6回更新までこぎつけることが出来ました。

実況動画を始めてからの目的であった2525再生を突破(Part1が)することもできてちょっとした達成感もあったり。
このまま頑張って続くといいなぁ、という感じですが。

ちなみにPart6はこちらです。
インダストリアルクラフトの拡張農業要素についてのお話回となっています。
後少し水の神殿っぽいものが出てきます。






ちなみにPart1はこちらです。

別窓 | たわいもないにっき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

ある方の曲への感想

2012-08-20 Mon 23:21
書きたくなったから書く。
それでいいと私は思っている。

先日、ツイッターで仲良くしているボカロPさんが新作をアップしました。
とても思い入れのある曲になったと言っていて、なるほどという出来だったのですが、どうも4部作。
4作からなる叙情詩組曲とのことでした。
そういえば先日幸せ一杯の三部作を上げた方もいるなぁ、流行ってるのかな。とおもったりしつつ。
全部聞いてみるか、と思い立って今日聞いた結果、精神揺さぶられて仕事中にいろいろやばかったわけですがw

その内の一つは以前から気に入って聞いていた曲で、その時は叙情詩組曲の一つであるとは知りませんでした。

序盤から順を追って、感想を交えながら紹介したいと思います。
相手さんもブログを持っているので、そういうのなら相手のコメントにかけばいいんじゃないか?
と思わなくもないのですが、長文になりそうなので自重した次第です。
こういう感情部分の発露を垂れ流すと酷いことになるのは自覚していますw


そのボカロPの方はこちら nami(親方P)さんです
曲の説明などは動画のほうにあるのでそちらを御覧ください。

---------------------------------------------------------------

一曲目


生存確率0.6%、そんなことを言われて足掻蹴る人がどれだけ居るでしょうか?
これは私が宇宙冒険物のストーリーが結構好きだから(スタートレックとか大好物です)かもしれませんが、その状況が、コクピットが脳内で普通に映像として再生出来ました。

その僅かな可能性にすがりつくのではなく、掴み取るべく立ち向かう。
そんな強さを感じる曲だなと。
曲調も歌詞も世界設定もいいなぁと感じつつ、曲を聞いて身震いするのは久しぶりでした。

曲の中にあるのは、絶望に対して立ち向かう勇敢さ、あるいは生きるという強い意思。
そう感じられます。
イメージはそう、嵐の中、陸を目指して飛び続ける燕でしょうか。

---------------------------------------------------------------

二曲目


私がこれまでずっと好きで何度も繰り返し聞いていた曲でもあります。
感じるのは孤独と、自らを捉える牢獄。
あるいは、星に囚われて空へと飛び出すことが出来ない幼子たち。
あるいは、愛する人と離れ離れにされた花嫁?
しかし、囚われた中で諦めるのでなく、声を上げ続けた誰か。
切なる願いと祈り、何度その軛から逃れようと、逃げることがかなわず、それでも声を上げ続けて……。
綺麗な曲調と歌声とは裏腹に、その状況はかなりの孤独や疎外感に満ちていると思います。
ぶっちゃけ歌えるぐらいに聴きこんでる自信あったり……。
カラオケに入ったら歌いに行くぐらい好きです。


三曲目


これは実は、今までずっと聞かないでいた曲だったりします(失礼)。
というのも、タイトルとサムネだけでなんとなく直感的に、ヤバい曲だというのを感じ取れたから。
聞いたのは今朝なのですが、やはりきつかった。
聞いている最中、お腹が痛くなった感覚すらありました
(それぐらい歌や歌詞にパワーがあるということでしょう)
諸事情あるので特に痛く、辛く感じる曲ではありました。
内容については伏せますが、テーマは命なのでしょうか?
命を生む事、奪うことと奪われること。
愛されることもあれば憎まれることもある。
受け入れられることもあれば拒絶されることもある。
そんなせめぎ合いを感じる作品でした。
あと、とりあえず怖いです。



四曲目


前三作を聞く前にも聞いて、聞いた後にも聞いたのですが、やはり前三作を聞いた後では感じ方が違います。
これは私の意見ですが、前三作を聞いてからこの四曲目を聞くのが一番良いと思います。
4部作というのを知って順に聞いていたらまた違う感情が沸いたのではないかなと。
特に、夜叉の~の後に聞いた感じが最も映えるのではないかなと思うのです。
内心、再度聞いた後、先に聞いてしまったのはもったいなかったかもしれないな、と思いました。

私が感じるのは限りない祝福であって、生きること、生き続けていくことへの肯定でした。
輪廻転生、終わった命の再生、再び歩き出すことの意味。
色々と考えさせられるものでもあるのですが、曲はとにかく綺麗。
まさに祝福と再生を象徴しているかのようで、元気をもらえる、そんな曲。

4部作の最後を飾るにふさわしい見事な出来だったと思います。
というか、感情揺さぶられて涙腺緩みました、ええ。



最後になりましたが、私にこれが最初で最後かもしれない「曲に対しての感想」というものを書かせるだけのものを制作したnami(親方P)さん、お疲れ様でした。
素晴らしい曲でした。
別窓 | たわいもないにっき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

定期更新というのは……

2012-06-19 Tue 15:26
忘れるためにあるんだっ!

と、叫ぶことから始めましょう。
ごきげんよう皆様、いかがお過ごしですか?

「あ、生きてたんだ?」
「あれ、活動再開したの?」

とかいう声が聞こえてもめげません、生きてます、活動はずっと続いています。

最近色々あれですけどね。
暑くなってきた所為でくたばってます。
私にとって暑さは敵です。不倶戴天の敵です、夏とか四面楚歌ですよ。
クーラーが癒しの対象、でも電気代という懐をえぐる必殺技を持っているのです、勘弁して下さい。

最近の状況なんですが、なんかふらふら状態です。
夏バテかな、それとも単純に気が抜けてるだけなのかな?
明らかに集中力が低下しててヘロヘロしてます。
やらないといけないこと、動かないといけないことは溜まってるんですけどね?

ま、ブログの更新でだらだらそういうことを言うのは無粋なのでやめておきましょう。

久しぶりに絵を描きました、本当に久しぶりに。
誰をかというと結月ゆかりというボーカロイド(兼ボイスロイド)です。
私の最近の一押しですね。
絵は切り捨てて小説一本で行こう、とここ一年以上Pixivでもそうシフトしてきた私が再びペンタブを手に取る程度に魅力的なお方です。

ボイスロイドのほうはこちらで声を聞けるので興味がある方はぜひ。

また、ニコニコ動画で 結月ゆかり で検索すれば、ボーカロイドで歌が、ボイスロイドで実況動画が大量に引っかかります。
あわせてみればより楽しめるかと思いますよ。

とかとりとめなく書いておく。
別窓 | たわいもないにっき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

今日のお昼

2012-04-20 Fri 13:32
近場で500円のカレーのお弁当があったので試してみた。
なかなか美味しいです。

https://picasaweb.google.com/102083926147312493213/DropBox?authkey=Gv1sRgCNSEhN6Avrn6cw#5733335220520072418
別窓 | たわいもないにっき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑

| 蒼月雪歌の活動録 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。